FrontPage

内側から+外側からDHTを抑制する!

最近では、たくさんの育毛剤が販売されていますが、その中でDHTを抑制する必要があり、内側からと外側からの抑制が必要になります。実際に内側だけのケアでは効果を期待できず、外側からのケアだけでも効果はその分しか現れてきません。そこで、内側と外側のケアが重要になってきます。

実際に育毛剤の種類も豊富でたくさんありますが、何よりも自分に合ったアイテムを愛用する事が大切になってきます。しかし、育毛剤だけに頼っているのではなく、自分が出来ることをきちんと行っていく必要があると言われています。

DHTを抑制することができる栄養素の摂取を心がける事により、内側からのケアをきちんと行う事が出来ます。体内から抑制する為にお勧めできるのは、5αリダクターゼを抑制する事が出来るサプリメントを活用するのがお勧めできます。

亜鉛には、DHAを抑制する事があると言われています。ビタミンB6は亜鉛の吸収を助ける働きがあり、亜鉛と同時に摂取する事がお勧めできます。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあります。緑茶は大豆製品と同時に摂取する事により、DHTを抑制することが出来ます。

また、生活習慣の見直しも必要で、今の時代は、ストレス社会となっていて、DHTを増殖させてしまいがちです。喫煙、お酒などについても薄毛を促進する生活習慣となっています。

何より大切なことは、日常の生活の中で運動を取り入れることです。運動をして汗をかくことにより、汗と一緒にDHTが体外に排出されます。また、水を沢山飲むという事も意識する必要があり、水をたくさん飲む事により、尿からDHTを排出する事が出来ます。

外側のケアとしては、育毛剤などを愛用する事がお勧めできますが、内側のケアも同時に取り入れていきましょう。無理をする必要はなく、自分が出来ることから始めるようにしたり、運動と言っても無理な運動ではなく、手軽に始めることが出来るウォーキングを行うだけでも効果は抜群です。

また、日常の食生活の中で不足している成分は、手軽に摂取する事が出来るサプリメントを活用する事により、手軽に摂取する事が出来ます。上手に活用する事により、髪だけでなく、健康を維持するためにも効果を期待する事が出来ます。

実際にたくさんの育毛剤がありますが、育毛剤だけを使ってケアするだけの人と、サプリメントなどを活用したり、適度な運動を取り入れて、育毛剤を使っている人では、効果は全く違ってきます。

手軽に出来ることから始めることにより、育毛剤を使う期間も短くなっていきますし、効果も早く実感する事が出来ると思います。薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人は、何よりも自分なりの商品だけに頼るのではなく、自分なりの努力も必要になっているのです。

Qヘアサイクルの乱れ|原因と対処法

最近では、抜け毛の悩みを抱えている人が多くなっていますがその中でヘアサイクルの乱れが原因となっている人もいます。実際にヘアサイクルを正常にする事により、髪の毛を成長させることが出来ると言われています。

ヘアサイクルは、髪が成長して抜けていく周期の事です。髪の毛は常に成長して古くなってしまうと、また新しい髪が生えるようになっています。髪の毛は一生のうちに、一定の周期で成長、抜ける、生え変わりを繰り返しています。

成長期は、髪の毛が伸び続ける期間です。退行期は髪の毛の成長が弱まる期間です。休止期は毛が抜け落ちて、次に生える毛を待つ期間となっていて、髪の毛が抜けることが自然現象なのです。

正常な人でもヘアサイクルの中で1日に100本前後の髪の毛が抜けてまた生えてきます。ヘアサイクルが乱れてしまう事により、成長期が短くなり髪が育たない状態になります。

正常なヘアサイクルでは、成長期は個人差で違っていきますが、4年~6年程度と言われています。乱れたヘアサイクルはこの期間が短くなってしまうのです。成長期の期間が短くなってしまう事により、髪の毛が十分に太く長くなってしまう前に成長がストップしてしまい、抜け落ちるのも早くなります。

その結果、髪全体の量が減ってしまい、徐々にハゲの状態になってしまいます。ヘアサイクルが乱れてしまう原因としては、男性ホルモンが挙げられます。また、遺伝やストレス、加齢、生活習慣などとたくさんの原因があり、根拠などはありません。

実際に解明されている原因としては男性ホルモンの影響ですが、実際に治療を行っている人も多いと思いますが、何より重要な事は、自分で判断して薬などを服用するのではなく、きちんとクリニックなどに通って薬を処方してもらう事が大切になってきます。

薬を服用した場合でも、ヘアサイクルを改善する為には期間が必要になってきます。少なくても4ヶ月~6ヶ月は改善に時間がかかると家荒れていて、改善のために治療薬を服用した場合でも、半年程度は飲み続ける必要があり、今日から飲み始めたからすぐに効果を期待する事が出来るという物ではありません。

実際に薄毛や抜け毛の悩みは、一人で抱えて深刻な悩みとなっている人も多いのですが、何よりも専門医のいるクリニックや病院などで治療を行っていく事が大切で、っ自分の判断では、間違った対処法となってしまう可能性もありますので、ヘアサイクルと改善する為にも、きちんとクリニックなどに受診するようにしましょう。

FAGA(女性男性型脱毛症)の治療の仕方

FAGA(女性男性型脱毛症)ってご存知ですか?最近では、女性の方も薄毛の悩みを抱えている人が急増しています。女性の中にも年齢を重ねる事により、ボリュームに変化を感じてしまうという人が多くなっています。

男性の薄毛に関しては、額の生え際や頭頂部に集中して起こるのに対して、女性の場合には、全体的に起こることが多くなっています。全体的に少しずつ薄くなるので変化に気がつかず、対処が遅れてしまいます。

薄毛対策については、早ければ早いほど効果を期待する事が出来て、時々頭皮をチェックするように意識しましょう。実際に、数年前の写真などと比べる事により、分かりやすいと思います。

薄毛が始まっていかなくても、生理不順や不正出血、肌荒れなどの症状が出ている場合には、ホルモンバランスが崩れているという事になります。そうなってしまう事により、徐々に髪への影響が出てくるので、油断する事はできません。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、男性よくみられる脱毛症、男性脱毛症(AGA)の女性版となっています。成人男性に多く見られる男性ホルモンに起因する脱毛症をAGAと言います。男性ホルモンは男性に限らず、女性の体内にも存在しています。

女性が男性ホルモンの影響を受けて薄毛になってしまう事をFAGA(女性男性型脱毛症)といいます。男性は頭頂部や生え際から薄くなってしまうのですが、女性の場合には、全体が均一に薄くなっていく特徴があります。

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因としては、男性ホルモンによる薄毛ですが、何よりも沢山の原因が挙げられています。

まずは、加齢です。女性は女性ホルモンの働きにより男性ホルモンが抑制されています。なので、男性ホルモンが体内に存在していても薄毛になりにくいのです。また、女性ホルモンの1つとなっているエストロゲンは髪を成長させ、成長期間を長くする働きがあり、女性ホルモンが活発に分泌されている間は元気な髪を維持することができて、薄毛になりにくいのです。

しかし、年齢を重ねる事により、女性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。今まで女性ホルモンで抑制されていた男性ホルモンの影響を受けやすい状態になってしまいFAGA(女性男性型脱毛症)を引き起こしてしまうのです。

また、生活環境の変化も大きく関係していて、急に生活環境が変化する事により、自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスが悪くなってしまいます。女性ホルモンが正常に分泌されていれば、男性ホルモンの影響は受けにくい状態ですが、ホルモンバランスが乱れてしまう事により、男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまいます。

さらに、ストレスです。ストレスもホルモンバランスを乱す原因の一つになっていますが、女性も男性もストレスを感じてしまう事により、様々なホルモンが分泌されて、体の緊張状態を高めてしまいます。

女性の薄毛の原因の1つとしては、ストレスによるホルモンバランスと言われていて、ストレスは自覚症状がないこともありますが、日常の生活を送っている中で、仕事などによりストレスがある場合には、休日にそのストレスから開放されることにより、脳のバランスが取れなくなって片頭痛を起こす場合があります。

また、ストレスを抱えている人は、通常よりも生理痛が酷くなってしまうというリスクがあります。実際に今の時代は、ストレス社会となっていますので、逆にストレスがないという人は少ないと思いますが、自分なりに気分転換する事が大切になっています。

おすすめ育毛剤・・・リアップX5プラス

リラックスする時間を作るようにしたり、お風呂にゆっくり浸かる、趣味をに没頭するなど自分の時間を大事にしていく事が何より大切になります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional