脂漏性脱毛症の原因と治し方

脂漏性脱毛症の原因と治し方

脂漏性脱毛症の原因と根本的な治し方を知る事により、自分の気持ちが楽になっていきます。頭皮のべたつきや抜け毛は多くの方が、深刻な悩みとなってしまいますが、何より原因と対策法を知る事により、自分なりにケアする事が出来ます。

髪が抜けてしまって手遅れになってしまう前に、早めの対策が必要になってきますが、何より原因を理解する事により、正しい対策を行っていく事が出来ます。しかし、原因が曖昧で間違った対策をする事により、逆効果となってしまう可能性もあります。

脂漏性脱毛症とは、脂漏性皮膚炎が原因で起こってしまう脱毛症の事です。過剰に分泌された皮脂が毛穴につまったり、炎症を引き起こして激しい炎症により髪の毛が抜けてしまう症状が出てしまいます。

脂漏性皮膚炎の症状としては、赤い湿疹やかゆみ、フケなどの症状が出てきます。頭皮は皮脂を分泌して、皮膚表面に存在するマラセチア菌に分解されることにより、酸化脂肪酸となって、他の菌に分解されることにより、様々な刺激から皮膚を守るバリアの役割を果たす物質を作っています。

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌によりマラセチア菌が増殖しすぎてしまう事により頭皮に刺激となって炎症を引き起こしてしまいます。また、その脂分や皮脂が毛穴に詰まってしまう事も炎症に繋がってしまうと言われています。

脂漏性皮膚炎の主な原因としては、皮脂の洗い残しや生活習慣と言われています。洗髪の時に、皮脂の洗い残しがあるとマラセチア菌が増殖します。また、脂っぽい食べ物を普段の食事で多く摂取している人は、肥満気味になってしまい、皮脂量が多くなってしまいうのです。

さらに、睡眠不足やストレスなどについてもホルモンバランスを崩す原因となっていて、皮脂の分泌量に影響を及ぼしてしまうのです。そのために、皮脂の洗い残しに注意して、生活習慣の見直しを行う事により、改善へ導いていく事が出来ます。

正しい洗髪法を身につけることも大切で、洗う前に髪をとかします。髪が長い場合には、風や静電気により髪が絡まってしまうやすい状態です。髪が絡まっている状態でシャワーを浴びる事により、抜けやすくなってしまい、毛先のほうから手ぐしやブラシを使ってブラッシングするようにしましょう。ヘアースプレーや整髪料で固めている場合には、髪が引っ張れて余計に抜けやすいので注意が必要になってきます。

次に、お湯で汚れを落としていきます。整髪料や汚れを指の腹で優しくとかすようなイメージで落としていきます。お湯の温度は38度程度がお勧め出来て、汚れも8割程度落とす事が出来ます。最初にしっかり汚れを落としていると、シャンプーも少なくてすみますし、シャンプーも泡立ちも違ってきます。

髪が短い場合には、10円玉程度、ロングの場合は500円玉程度の量を付けてよく泡立ててから髪につけるようにしましょう。手のひらを丸め指先で円を描くようにすると泡立ちが良いのですが、上手に泡立てが出来ない場合には、洗顔用の泡立てネットを活用するのがお勧めできます。

しっかりと泡が立ってら髪に付けて、爪を立てずに優しく洗っていきます。泡をしっかり立てる事により、汚れをしっかり溶かす事が出来るので、指の腹でマッサージするような感じで優しく洗っていくようにしましょう。

洗い終わったら、しっかりタオルドライしてドライヤーで根元を乾かしていきます。ドライヤーのコツは熱量ではなく風量で乾かす事がポイントになっています。更に日常の生活習慣の見直しも同時に行うようにして、規則正しい生活やバランスの取れた食事、十分な睡眠時間をきちんと確保するように心がけることが大切になってきます

病院でも治療する事が出来るのですが、まずは、自分が出来る対策からきちんと行っていく事が何よりも大切になってきます。無理なくできるように習慣を作る事により、治していく一歩を踏み出す事が出来ます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional